「 2017年11月 」一覧

ライザップと筋トレ


最近、どこに行ってもライザップの商品が目に付きます。
本屋に行けばライザップの食事メニュー、レシピやストレッチ方法を書いた書籍が並んでいます。
コンビニに行けば野菜サラダだけでなくチーズケーキまで売っています。食事メニューについては厳しいライザップがお菓子を販売するというのも不思議な感じがします。

それにしても、他に似たようなダイエットジムは、たくさんあるのですがライザップの独り勝ちのような気がするのは私だけでしょうか?

マーケティングに何か戦略論でもあるのでしょうか?

ところで、私は学生時代、小学生から高校生までソフトボール部に所属していて外で身体を動かすことが多かったのです。
しかし、社会に出てからは仕事が忙しく、中々運動する機会がありませんでした。
仕事がデスクワークだったこともあり、自分でも運動不足だなと思っていたくらいです。
そんな中、運動不足や身体の凝り、仕事のストレスから体調を崩してしまったりすることも出てきたりなど、体調が優れない時期がありました。そこで、ストレス解消や健康のために筋トレを始めてみようと思い、筋トレをすることにしました。
仕事の都合から、ジムに通うのは時間的に厳しく、ジムに通うその時間を筋トレにあてたかったので、自宅でトレーニングをすることにしました。もともと野球をしていたこともあって、筋トレメニューなどはかなり詳しいほうなので、自分でメニューを組み、管理をしながら週3ほどのトレーニングを始めました。
トレーニング内容は、器具を使った懸垂、腕立て、腹筋、ダンベルを使ったメニューが主で、このほかにも、軽いランニング、エアロバイクを使っての有酸素運動も取り入れました。器具は、通販で売っていた1万円前後のぶら下がり健康機を懸垂用に、1500円ほどのアブローラーを腹筋トレーニング用に、ダンベルは重さが変更できるタイプを、それぞれ購入しました。
エアロバイクは知人からいただいたものが家にあったのでそれを使用することにしました。
有酸素運動については、仕方によっては筋肉をエネルギーに変換してしまい筋トレの効果が薄くなるということは知っていましたが、私の筋トレの目的は大幅に筋肉を増やすことではなく、健康のためにほどほどの筋肉を付けることだったので、有酸素運動も取り入れることにしました。でも、筋トレの効果が半減してしまってはもったいないので、有酸素運動は激しいトレーニングではなく、じわっと汗が出てくるくらいの軽めなメニューにしました。

それで、自分でやる筋トレに物足りなさを感じて来たので、
⇒ ライザップ スガイディノス店

に行くことに決めました。結果が楽しみです。